後見制度支援信託

まず、家庭裁判所により選任された専門職の後見人(弁護士、司法書士のみ)が
財産調査等を行ったあと、信託銀行との間で信託契約を締結し、
日常生活に必要と考えられる額を超える現金・預金等を、信託銀行へ信託する。

 

その後、専門職の後見人は辞任して、親族後見人へと引き継がれる。
親族後見人は、日常生活に必要な金銭により後見業務を行う。
信託銀行に預けた信託財産は、家庭裁判所の指示をうけ、払い出しを行うことになります。

 

信託銀行、家庭裁判所が関与することにより、親族後見人による多額の金額の引き出し等の
不正行為を防止し、本人の大きな財産的損害を防ぐ。

この制度を利用するかどうかは、家庭裁判所が決定する。

 

要件・・後見にあたる場合のみ、親族の同意があること、遺言書がないこと等

専門職後見人選任→信託契約締結→専門職後見人辞任・親族後見人選任
専門職後見人・親族後見人選任→信託契約締結→専門職後見人辞任

お気軽にご相談ください

【お問合せ】

奈良県天理市長柄町2092-11

 中嶋司法書士事務所

TEL:0743-20-4706

 メールでのお問合せはこちら

 

【業務時間】

 

平日  朝10時~夜18時まで

土曜日も営業しております。

 

電話受付時間】 

平日・土曜日 朝10時~夜19時

日曜日    朝10時~夜17時

 

【メール受付時間】

24時間受付で原則業務時間内の返信となります。

 

【日曜日、祝日の業務時間外も対応】

・事前にご予約のお電話お願い致します。

・営業時間外は原則出張対応になります)

 ご遠慮なくお問合せ下さい。

 

 

奈良県司法書士会会員 第426号

簡裁訴訟代理関係業務認定 第1012201号 

リンク

奈良県司法書士会HP
奈良県司法書士会HP
奈良地方法務局
奈良地方法務局